スタイリングでどうしても右側がうまくできないのはなぜ?




スタイリングでどうしても右側が

うまくできないのはなぜ?

 

 

 

スタイリングした時に

 

どうしても右側がはねたりして

うまくできない事ないですか?

 

 

それは、つむじなど

 

髪の生え方によるものです。

 

左側は生え方に馴染んでいるため

 

収まりやりやすいということ

 

 

逆に左側がやりづらい方もいる

 

でも、右側が圧倒的に多い

 

その為、カットやパーマの工夫がいる

 

 

 

ということは

 

微妙に左右不対象 になる

 

右側を出来るだけはねないよう

 

カットしたり、パーマをかける時に

 

ロッドを変えたり

 

また、ドライヤーのかけ方まで

 

変わってくる。

 

 

髪は均等に生えている

 

訳ではないので

 

髪の収まりに影響する。

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

美容家藤林守のお客様の声

口コミ

 

 

細部までこだわるカット

中性的なスタイルではなく、より女性的で

「エレガントスタイル」、「カラースタイル」を

得意としております。

 大人女性の本質を貫き

日本女性特有の輪郭、骨格、髪質に合った

スタイルが定評。

 

お客様の支持を得て

リピート率80%以上!

 

納得のいくデザインをご提案致します。

客層が若いサロンが苦手な方。

経験が浅い若いスタイリストが苦手な方。

多くのスタッフに、たらい回し状態が苦手な方

ゆったりと過ごしたい方、是非一度

ご来店下さい。

 

 

 

 

Facebook友達申請♪

Instagramフォロー

 

 

ご予約方法

LINE@で事前予約

LINE@で事前予約できる!」

登録すると注意事項が通知されます

よくお読み頂きご利用ください。

lineID      

@PJS4291G

(↑@を忘れずに)

 

 

 

ポチッでもOK

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 

 

 

 

 

 

【24時間簡単ネット予約&相談】

クービック予約システムから予約する

 

 

 

 

 

 

 

(24H以内にご連絡が無い場合には、恐れ入りますが再度、別の方法でご連絡していただけますでしょうか)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

藤林 守

藤林 守ヘアデザイナー&ビューティーアドバイザー

大人女性専門美容師|表参道の美容院・美容家藤林守です。20年以上の経験から『Beauty』に関する情報を発信しております。あなたの髪を変え、人生を変える。髪は大人の女性にとって、かけがえのないもの。より美しく、より綺麗にをテーマに。髪の印象は、見た年齢を大きく左右します。髪の悩みに関する解決情報をお伝えしています。(美容室・ヘアサロン・美容師)

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る